アニメ

PSYCHO-PASS サイコパス SS Case.2 First Guardian 感想とあらすじ(ネタバレなし)

今回は2月15日に公開されたサイコパスSS Case.2 First Guardianを観てきた感想を書いていこうと思います。前回のcase.1の感想の時と同様に具体的なネタバレはしないように注意して記事を書きますが、あらすじ的な部分には触れていきますのでご注意ください。

今回は来場者特典があった

今回は来場者特典として設定集なる物を貰いました。これ前回のCase.1の時は貰えなかったけど、2作目からなのか前回貰いそびれたのか今となっては分らない。でも前回もあったなら逆になんで前回は貰えなかったんだろう??数に限りがあります的な話なんだろうか??

ググってみると・・・・

思いっきりcase1の設定集もあった・・・case1もcase2も同じ映画館に見に行ったけど今回は公開2日目の土曜日の夜で前回は仕事の都合で公開3日目の日曜日の夜だったので、たぶん割り当てられた分が全部配布された後だったんだな。

次のは絶対もらえるように早く観にいこう!!

須郷の過去

須郷はアニメ2期から登場した執行官で正直言うとそんなに思い入れのあるキャラでもありませんでした。むしろ2期から登場した執行官よりも1期で殉職した執行官の方がサイコパスファンには人気があるようなイメージ。

須郷のイメージはドローンの研究所に元々居た執行官の人くらいです。いやだって2期でも劇場版でも特に須郷を取り上げるストーリーがなくて影の薄いキャラだったからです。

ただ今回のcase.2 firstguardianで須郷がどのような経緯で国防軍の兵士から公安局の執行官になったのか知って一気に好きなキャラクターになりました。

内容はネタバレになるのでここでは具体的には書きませんが、ストーリーの途中からハッピーエンドで終わって欲しいと願わざるを得ない状況でした。まぁでもね・・・サイコパスという作品をこれまで観てきた人なら分かると思いますが、みんな幸せになってハッピーエンドとなるはずもなくといったところです。

サイコパスSScase.2 firstguardianはフットスタップ作戦によって須郷もその仲間も大きく運命を変えられてしまいますが、それでも前へ進んで行く須郷徹平というキャラクターが魅力的に描かれた作品になっていると思いました。

須郷と征陸

征陸さんはもちろん好きなキャラクターなんですが、1期で殉職しただけに2期から登場した須郷との関わりがないと思っていました。

征陸さんの意思や心意気は息子である宜野座伸元が受け継いでいるように思っていましたが、この須郷徹平も征陸智己に影響を受けたキャラクターの一人だったのだと思います。二人は入れ替わるように公安局の執行官になるわけですが、同じ執行官としての二人も観てみたかったかもしれないです。

それと青柳監視官と須郷のやり取りを観ていて思ったのですが、確か2期にで青柳が殉職した時に青柳をドミネーターで撃ったのは須郷だったのを思い出して切なくなりました。2期が放送された時は須郷にこういう過去があった事も知らない状態だったので、何も思いませんでしたがサイコパスSSを観た後だと何とも言えない気分になります。

次回は遂にcase.3恩讐の彼方に

そして次は遂にサイコパスSS3部作のラストになるcase.3恩讐の彼方へにです。前回の劇場版後の狡噛慎也を描いたストーリーです。サイコパスファンの人の中にもこのcase.3に一番期待している人も多いのではないでしょうか??

狡噛慎也のその後も気になりますが、このcase.3で今後のサイコパスシリーズの展開を示唆する内容があるのかにも注目です。

case.3恩讐の彼方へは3月8日(金)に公開ないので、case.1の時のように来場者特典がなくなる前に観に行こうと思います。(笑)

あわせて読みたい
「PSYCHO-PASSサイコパス SS」アニメ劇場版が上映確定!! 遂にサイコパスのアニメ続編が正式に発表されました。サイコパスの3期はテレビアニメで公開ではなくて劇場版での公開に...