未分類

コインチェックの出金は本当に再開されるのか??

 

1月26日にコインチェックから不正に580億円分のNEMが流出した事件がありましたが、28日にはコインチェックが流出した分のNEMは日本円でコインチェックのウォレットに補償される事が発表されました。

 

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。    

 

正直26日の会見では基本的に「検討中」、「公表する事も含めて検討中」ばかりで

あ・・・これは経営破綻では・・・と思っていましたし、そう思って諦めていた人も少なくないと思います。

補償するという発表を受けて

 


twitter.com

 

 

ネット上でも歓喜の声が上がりました。コインチェックでNEMを買っていた人とNEMは買ってないけど、コインチェックを利用していたから出金ができなくなっていた人からしたら一安心できる発表だったと思います。

スポンサーリンク

 

 

コインチェックの出金はまだ再開されていない

 

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において、発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、現在日本円を含めた全ての通貨における出金を停止しております。

このため、日本円の入金は通常通り可能となっておりますが、日本円の出金に関しましては不可となっております。また、日本円以外の取扱仮想通貨に関しましては、現在入金を停止しております。

 

つまり「補償はするけどまだ出金ではできないよ」という事です。ちなみにコインチェックのウォレット内にJPYが補償される時期や手続きについてもまだ未定です。

 

流出時は時価総額580億円だったNEMが含み損の120億円を差し引く形で約460億円で補償されるのも微妙に納得いかない人もいると思います。もちろん仮想通貨は常に相場変動するので26日から27日にかけて暴落したのは100%コインチェックのせいとは言いません。それでも今回の騒動がNEMの暴落に関係してないはずもなく、その間利用者は一切取引ができなかったのです。

これで 88.549円×保有数で計算します。と言われて不満を感じる人が出るのもある意味しょうがないような気もしますよね。

 

それよりも気になるのは補償時期未定で出金の再開もまだ何時になるかわからないという点です。一応今から資金調達を頑張るという話ではなくて自己資金で補償するという話になっていますが、本当に大丈夫なのか??と思ってしまいます。

 

コインチェックにお金を預けて取引している人とNEMを保有していた人も今は何もできない状況でコインチェックが今後発表通りに補償してくれて出金が再開されるのを待つしかありません。

基本的に投資は自己責任とはいえ流石にこのままやっぱり資金が調達できなくて事業継続は難しいから破産となってはあまりにも利用者が報われないので、発表した通りの補償をできるだけ早くおこなってもらえるのを祈るばかりです。