日記

iPhoneのバッテリー問題で電池交換の大チャンス!!

f:id:uzupiyonn11:20180122234314p:plain

 

iPhoneのバッテリー交換には通常は8800円も必要ですが、昨年末のバッテリー問題で8800円から3200円に減額されました。iPhone6以降の機種が対象で最新機種のiPhone8とiPhoneXも対象です。

これは2018年12月までみたいなので、バッテリー交換をするなら今年中がお得な訳です。

 

iPhoneのバッテリー問題って何なのか??

 

iPhoneのバッテリー問題は一部のユーザーがiPhoneの処理速度が落ちている事に気づいたところから始まって、最終的にはアップルが意図的にパフォーマンスを抑えるようにしていた事を認めました。

意図的に端末のパフォーマンスを抑えていた理由は

 

Appleは1年ほど前、iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE上での予期しないシャットダウンを防ぐため、ピーク負荷時の電力管理を向上させるソフトウェアアップデートを提供しました。このアップデートでiOSは、シャットダウンを防がなくてはならない状況下で、一部のシステムコンポーネントの最大パフォーマンスを動的に管理するようになりました。ユーザーがこうした変更に気づくのは稀だと思われますが、場合によってはアプリケーションの起動時間が長くなったり、そのほかの部分のパフォーマンスが低下する可能性があります。

iOS 10.2.1は予期しないシャットダウンの発生を減らすことができたため、お客様から好意的な反応をいただきました。私たちは最近、iOS 11.2でこのサポートの対象をiPhone 7とiPhone 7 Plusにも広げています。

 

つまりリチウム電池が劣化していると負荷がかかった時に急に電源が落ちてしまう問題が発生したからiOSのアップデートで意図的にパフォーマンスを制御して急なシャットダウンが起きる問題を解決した。

という事です。

 

今回問題視されているのは告知無しにiPhoneのパフォーマンスを抑えていた事です。

しかしアップルとしては最新機種への買い替えを促進する為にパフォーマンスの制御をしたのではなく、あくまで急なシャットダウンが起きる問題を解決する為の対策をしたという事のようです。

 

もちろんiPhoneユーザーである僕もバッテリーの劣化によって急にシャットダウンする問題が発生したのなら必要な対策だと思います。でも状況と行う対策について事前に説明があった方が良かったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

バッテリー問題に対するアップルの対応

 

・Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。

・2018年の初頭に、iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能を持ったiOSのソフトウェアアップデートを提供します。これにより、ユーザーはバッテリーの状態がパフォーマンスに影響を与えているかどうかを自分で確認できるようになります。

 

今回の一連の問題に対してアップルとしてはバッテリー交換を通常8800円から3200円に値下げする形で対処するようです。

劣化しているバッテリーを新しい物に交換すればパフォーマンスが制御されず、急なシャットダウンも起きない状態に改善されるようです。さらに2月あたりのiOSのアップデートでバッテリーの状態を確認できて、パフォーマンスの制御も解除できるようになるようです。

 

ただしバッテリーの劣化でパフォーマンスが制御されているのを解除すれば急に電源が落ちる問題が発生する訳なので、バッテリーの交換をしないと問題の解決にはならなそうです。

 

今回はiPhone6以降のユーザーならみんな3200円で交換してもらえる訳ですから正直処理速度の低下なんて気づかなかった人でも「最近なんか電池の減り早くてバッテリー交換したい」と思っていたなら交換の大チャンスです。